ドローンQ&A

ドローン飛行許可申請って必要?申請条件は3つのみ。費用も紹介【初心者必見】

ドロンくん
ドロンくん
  • ドローン飛ばすのに申請っているの?
  • ドローンの申請方法教えて!
  • オンラインでもできるの?

この記事ではこのようなドローンの申請に関する疑問を抱えている方の悩みを解決していきます。

ドローン初心者の悩みを全力サポートするドローンスクール、ドロチケ!の講師をしていますしょうまです。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
意外と簡単に申請できてオンラインでも可能だからドローンの申請とは何か知っておこう!

申請方法はこちらをご覧ください!

ドローンのオンライン申請方法ってどうするの?画像でわかりやすく解説!皆さんどうもこんにちは。 ドローン初心者の悩みを全力サポートするドローンスクール、ドロチケ!の講師をしていますしょうまです。 ...

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^

ドローン飛行許可申請ってそもそも必要なの?

以前こちらの記事で航空法について紹介しました。

【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...
ドロンくん
ドロンくん
まだ読んでいない方は読んでから戻ってくるか、あとで読んでみてね!

この記事ではこれらの範囲外で飛ばすことは法律上禁止されていると話しました。

  • 空港周辺区域
  • 人口密集地区
  • 150メートル以下

しかし、どうしてもドローンをこの範囲外で飛ばしたい場合が出てくるかと思います。

そんな時に国土交通省に飛行の許可申請を行う必要があります。

飛行させたい場所がうえの3つに該当するかどうかは、下のリンクから確認することができますので、自分の飛ばしたい場所を調べてみてください!

> 国土地理院の「電子国土Web」サイトの地図

また、したの5つの禁止事項も申請を行うことで許可される場合があるので一緒に確認しておきましょう!

  • 肉眼の範囲外での飛行
  • 人や建物から30メートル未満での飛行
  • 催し物など人が集まる上空
  • 危険物の輸送
  • 物や液体の投下

こちらの条件は審査が厳しいため「仕事」としてドローンを扱っている人が許可されることが多いです。

まとめ

申請が時は

 

これ以外は申請がいらないので安心してください!

ドローン飛行許可申請の条件

これまでは、ドローンを規定範囲以外で使用する場合は申請が必要と話してきました。

しかし、申請したら誰でも許可が下りるという訳ではありません。

申請後には提出先で審査が行われ、審査に通った場合のみに許可が下ります。

国土交通省の「許可・承認手続きについて」を確認すると条件をクリアしなければならないものがいくつかあります。

申請条件
  1. 飛行能力
  2. 飛行知識
  3. 飛行経歴

飛行能力

飛行能力とはドローンを操縦する時のスキルです。

例えば、GPSなどの機能を利用せずに安定した離着陸ができることや基本的な操縦を難なくこなす必要が挙げられます。

GPSを切ったことのない初心者の方には安定した離着陸は難しいかもしれませんね。

基本的な操縦は

  • 一定の位置と高度を維持したホバリング
  • ホバリング状態から機首を90度方向回転させる
  • 前後移動
  • 上昇
  • 下降
  • 対面飛行
  • 水平方向の飛行
  • 八の字飛行

などが含まれています。

これらを20m先の場所でも5回連続で行うことが必要です。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
難しいそうだけど、安全に飛ばせるようになるにはこれくらい必要なんだね!

飛行知識

飛行知識とは、ドローンに関する様々な法律を知っているかが問われます。それらは先ほども紹介した記事でしっかり紹介しているので押さえておくといいですね!

【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...

飛行経歴

申請基準の項目に10時間以上の操縦訓練をしなければならないと示されています。

この10時間という数字は簡単にクリアできそうですが、実は意外と難しい条件になっています。

なぜなら、ドローンのバッテリーが1度にもつ時間が最大で40分ほどだからです。

購入したドローンは基本的にバッテリーが1つなので1日30分しか飛ばせないことになります。仮に予備バッテリーを所持していても1日に練習できる時間(日中)は限られています。

ドロンくん
ドロンくん
1日1時間の練習時間を確保したとしても10日はかかるということになるね!

この10時間は操縦の訓練の時間なので、ただ単にドローンを離陸させて、ホバリング(その状態)して10時間行ったということにはなりません。

GPSを切り、しっかりと安定した飛行ができるように何度もひたすら練習する必要があります。

また、練習場所の確保もしないといけなく法律の記事でも触れたようにどこでも飛ばしていい訳じゃないので、航空法の規制にひっかからない場所を見つけるか、屋内での練習をする必要があります。

具体的な方法として

  1. 自分で航空法の規制にひっかからない場所を見つける
  2. 何人かで体育館や市民会館を借りる
  3. ドローンスクールに通う

個人的には、スクールに通うという方法がおすすめです。

理由は、操縦訓練の10時間を2日程度でクリアすることができ、操縦の基本テクニックもしっかりと身に着けることができます。

具体的な申請方法はこちらをご確認ください!

ドローンのオンライン申請方法ってどうするの?画像でわかりやすく解説!皆さんどうもこんにちは。 ドローン初心者の悩みを全力サポートするドローンスクール、ドロチケ!の講師をしていますしょうまです。 ...

ドローン飛行許可申請のQ&A

皆さんから多い許可申請の疑問について答えていきます。

Q. 申請に必要な費用は?

A. 申請にかかる費用は送付する時にかかる切手代だけで、申請にかかる費用は今のところないです。

Q. 申請が通までにどのくらいかかるの?

国土交通省の『申請手続きについて』に「飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日等を除く)までに申請をするように」との記載がありますが、実際は余裕をもって飛行予定日の1ヶ月前を目安に申請をする方が良いでしょう!

初めての場合、申請書を提出するとそれに対して多くの場合は修正の指示が入るからです。

指摘を受けた事項は修正をし、改めて申請を行います。

※もちろん1回の修正でOKになる場合もあります。(スクールに通ってる生徒は講師の方が教えてくれるので、比較的に1回クリアが多いです。)

代行もできるよ

これまでは自分で全てやることを前提にお話ししてきましたが、実はドローン飛行に関する国土交通省や空港事務所への申請は、行政書士に代行を依頼できます。

料金は、申請内容(飛行内容、飛行場所等)によって価格が異なりますが、書類1通あたり25,000円(税抜)〜です。


※ 報酬を得て、官公署に提出する書類の作成を行政書士以外が行なうと行政書士法違反になりますので注意が必要です。

お問い合わせ

お問い合わせ場所は関西か関東で航空局が異なります。

自分の申請先がわからない場合は、こちらをご覧ください。

東京航空局と大阪航空局の管轄地域一覧

新潟県、長野県、静岡県より東は東京航空局の管轄、富山県、岐阜県、愛知県より西は大阪航空局の管轄です。飛行させる場所を管轄する地方航空局に申請して頂くことになります。申請者の住所を管轄する地方航空局に申請をお願いします。代行申請の場合も同様です。

 

東京・大阪、航空局の問い合わせ先

東京航空局

〒102-0074

東京都千代田区九段南1-1-15 九段第2合同庁舎

東京航空局保安部運用課 無人航空機審査担当あて

FAX 03-5216-5571

Mail cab-emujin-daihyo@mlit.go.jp

 

大阪航空局

〒540-8559

大阪府大阪市中央区大手前4-1-76

大阪合同庁舎第4号館大阪航空局保安部運用課 無人航空機審査担当あて

FAX 06-6920-4041

Mail cab-wmujin-daihyo@mlit.go.jp

ドローン飛行許可申請 まとめ

今回は「ドローンの特別飛行申請」についてご紹介してきました。

ドローンを飛行させる際に必要な条件や申請は決して簡単ではありませんが申請が通れば、人口集中地区や夜間飛行、目視外飛行などが可能になり、ドローンの活用の幅が広がります!

また、手続き自体も少し面倒ですが現状無料で行えますので今のうちにドローンを扱えるようにしておくといいですね!

不明な点は国土交通省の「無人航空機ヘルプデスク」まで問い合わせることができますので必要な方は是非ご利用下さい!

0570-783-072

受付時間 平日午前9時30分から午後6時まで

この記事が為になった!って方は下のボタンを押してURLをコピーして、感想などと一緒にSNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです^^

この記事のURLとタイトルをコピー

Instagramでもオトクな情報を発信していますので、ぜひ見に来てください

しょーまのInstagram

ドロンくん
ドロンくん
最後までご覧下さりありがとうございました!
ドローンが購入できる場所まとめ!

HAWK-SELECTSHOP