ドローンQ&A

ドローンで違反した場合どうなるの?航空法の違反例を含めて、罰則や罰金を解説!

「ドローンで違反した場合の罰則・罰金はどうなるの?」

「実際のドローンの違反事例を知りたい!」

この記事では、このようなドローンの違反に関する悩みにお答えしていきます。

皆さんどうもこんにちは。

日本初のチケット制ドローンスクール、ドロチケ!の運営をしていますしょうまです。

楽しく、便利で素敵なドローンは時に事故を起こしたり、思わぬところで違法したりすることがあります。

最近は、ニュースでもドローンの違反をたびたび目にするようになってきました。

今回はそんなドローンの違反に関する記事になっております。

この記事を読むことで、「ドローンの違反とは何なのか?」「違反すると罰則・罰金はどうなるのか?」「実際のドローンの違反例」などのドローンの違反についてわかります。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
正しいドローンの使い方をして、ドローンを楽しもうね! 

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^

ドローンの違反事項おさらい

まずは、ドローンの法律や条例を改めておさらいしましょう。

ドローンには様々な法律・条例がございます。

簡単にまとめます。

  1. 場所を考える(人口集中地区や国の重要機関、空港近辺での飛行NG)
  2. 時間を考える(夜間飛行NG)
  3. 距離を考える(人・建物の30m以内の飛行禁止、高度150m以上の飛行NG)
  4. ドローンの世話をする(目視外の飛行はNG)
  5. 武器として扱わない(ドローンに何か乗せて落下させる行為NG)

基本的にこの5つを意識してもらえるとOKです。

一番意識してほしいことは、1番の人口集中地区です。大阪や名古屋、東京などの観光地はほとんどの場所が飛行NGなので気をつけましょう!

飛ばせる場所の探し方はこちらの記事にまとめているので良かったらご覧下さい。

ドローンを飛ばせる場所を簡単に見つける方法!大阪を例にして解説!皆さんどうもこんにちは。 ドローン初心者の悩みを全力サポートするドローンスクール、ドロチケ!の講師をしていますしょうまです。 ...

また、人口集中地区ではない場合でも「関係者以外から30m以上離れる」という規制は、適用されるので、改めて注意しておきましょう。

以前の記事で詳しくドローンの法律について触れているので、もし、まだあまり分かってない方がいましたら、こちらをご覧ください!

【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...

ドローンで違反した場合の罰則

ドローンで航空法やその他条例を無視し、違反飛行を犯してしまった場合、前科付きの罰則になる場合がございます。

もちろん、違反を犯してもバレなかった場合、そのような罪になることはないでしょう。

しかし、ドローンは社会的には危ないという認識が強いため、常に隣人の方は警戒しています。警察も通報されればすぐに駆けつけます!

安易な判断で、ドローンの違反を犯して飛行することはリスクが高いのので、やめておきましょう。

後述しますが、ドローンで違反した場合、罰則のほかに罰金があります!

罰金も相当な値段なので、ルールを守ってドローンを飛行してもらうことをおすすめ致します。

ドローンで違反した場合の罰金

ドローンで違反した場合、もちろん罰金も発生します。

その値段は最高50万円とかなり高いです。

この金額は傷害罪と同等な金額で、かなり高いので、違反にはくれぐれも気をつけましょう。

実際のドローンの違反事例を紹介

では、ドローンの違反事項を見ていきましょう!

ちなみに、2016~2019年までのドローン飛行違反数は37人、このうちの10人が外国人です。

無許可でドローンを飛ばして逮捕。決め手はドローンの紛失でした。

  1. ドローン飛行禁止区域を無許可で飛行させて撮影していた
  2. その際にドローンを失くした模様
  3. たまたま、ギンナンを取りに来た男性が失くしたドローンを見つけ、拾得物として警察に届ける
  4. 録画していたSDカードに、無許可で撮影していた映像が映っていた
  5. 数ヶ月後、操縦者は警察にドローンの紛失届の提出をした
  6. 警察は紛失した具体的な経緯を伺ったが、操縦者は答えなかった
  7. 警察が操縦者をドローンの飛行禁止エリアの無許可飛行の容疑で逮捕

国土交通相の許可を受けずにドローンを禁止区域で飛ばしたとして、福岡県警は3日、北九州市戸畑区西大谷1丁目の会社員塩川貢志容疑者(58)を航空法違反の疑いで逮捕し、発表した。ドローンの無許可飛行容疑での逮捕は全国初。

八幡東署によると、塩川容疑者は昨年8月21日午後6時半ごろ、国交省がドローンの飛行禁止区域に定める同市小倉北区西港町の上空で、許可を得ずにドローン(26センチ四方、1・2キロ)を飛ばした疑いがある。

昨年10月、同市八幡東区の林でギンナン取りに来た近くの男性が墜落したドローンを見つけ、署に拾得物として届けた。搭載されていたマイクロSDカードに記録された映像に、禁止区域の風景や、ドローンを操縦する塩川容疑者が映っていたという。

塩川容疑者は今年1月、ドローンをなくしたと署に届け出た。任意の聴取に1度は応じたが、その後出頭しなくなったため、逮捕に踏み切った、と署は説明している。逮捕後は「ドローンを飛ばしたのは間違いありません」と容疑を認めているという。

引用元
https://www.asahi.com/articles/ASK335DV8K33TLLS007.html

あかぼうずくん
あかぼうずくん
ドローンは本来、禁止区域以外の飛行には基本的に許可は必要ないけど、この事件のように国が禁止している地域での飛行は許可がないといけないということを教えてくれた事件だね!
ドローン飛行許可申請って必要?申請条件は3つのみ。費用も紹介【初心者必見】 この記事ではこのようなドローンの申請に関する疑問を抱えている方の悩みを解決していきます。 ドローン初心者の悩みを全力サポー...

YouTubeにアップした動画が証拠に!150m以上の上空を飛行で書類送検。

  1. 三重県大台町の大台ケ原上空で150メートル以上の飛行をし、綺麗な風景を撮影。
  2. その風景をYouTubeにアップロード
  3. 最大約420メートルの上空を撮影していたという。
  4. YouTubeをみていた視聴者が警察に通報
  5. 操縦者の男性を無許で150m以上の飛行をしたとして書類送検

日本百名山の大台ケ原(奈良県上北山村)上空で、無許可で小型無人機「ドローン」を許可が必要な高さを超えて飛行させたとして、奈良県警は22日、航空法違反容疑で大阪府羽曳野市の会社員の男(44)を書類送検した。「許可が必要と知っていたが、大台ケ原のきれいな景色を撮りたかった」と容疑を認めているという。

県警によると、ドローンを高さ制限を超えて飛行させたとして検挙されたのは改正航空法施行後初めて。

書類送検容疑は、昨年5月22日午前5時40分~同9時50分ごろ、上北山村小橡~三重県大台町の大台ケ原上空で、無許可で150メートルを超える高さにドローンを飛行させたとしている。

同署によると、動画共有サイト「YouTube」を見た男性から奈良県警に「高いところから撮った映像がある」と情報提供があり発覚。サイト内には計約30分の山の景色の動画がアップされており、最大約420メートルの上空から撮影されていたという。

改正航空法はドローンなどの無人航空機について、国交相の許可を得ずに家屋の密集地域や150メートル以上の上空などで飛ばすことを禁止している。

引用元
https://www.sankei.com/west/news/170222/wst1702220033-n1.html

ドロンくん
ドロンくん
YouTubeにアップすると映像を見ている視聴者はいろんな観点で目が光ってるから、違反しているとすぐに見つかってアウトだね。

航空法では、150m未満の飛行と制限しています。150m未満の撮影でも十分綺麗な映像が取れますので、それ以下の飛行を楽しんで下さい!

また、YouTubeなどのプラットフォームには、違反ではない行為も指摘してきたり、通報する悪質な視聴者がいるので、不安な方は許可書に記載している番号を

「平成◯年度/国空航第◯号 国空機第◯号により許可承認済み」

とYouTubeの説明欄に記載しておくことをオススメします。

ドローンの怖さ?!ドローン墜落で30代男性が顔に大怪我。

  1. 建築現場で重さ1kgのドローンを利用して建築現場の空撮を行っていた。
  2. ドローンが電波障害で操縦できなくなる。
  3. クレーンに接触し、ドローンが落下。
  4. 高さ70mの場所から落下してきたドローンが、30代の男性作業員に衝突。
  5. 男性はヘルメットを被っていたものの、顔にドローンが当たり、顔を数ヶ所縫うけがを負った。

神奈川県藤沢市の建築現場で今月、小型無人機ドローンが墜落し、ぶつかった作業員がけがをしていたことが28日、国土交通省への取材で分かった。ドローンをめぐっては、国がトラブルの連絡を求めるようになった平成27年12月以降、墜落など約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めてという。

国交省によると、18日午前、建築現場を空撮するために飛行していたドローン(縦横各40センチ、重さ約1キロ)が、高さ約70メートルの場所でクレーンに接触して墜落し、30代の男性作業員に衝突した。作業員は顔に大けがを負った。

引用元
https://www.sankei.com/affairs/news/170228/afr1702280016-n1.html

ドロンくん
ドロンくん
ヘルメットを被っていなかったら大惨事だったね。。

今あるドローンに関わる法律はここら辺の事件を配慮してできているから、厳しいのは仕方ないかもしれませんね。

ちょっとした違反でもドローンでは命取り

以上がドローンの違反に関わる内容でした。

ドローンはめっちゃ便利で素敵なモノですが、その使い方によっては本当に凶器となるので気をつけて使ってください!

この記事が為になった!って方は下のボタンを押してURLをコピーして、感想などと一緒にSNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです^^

この記事のURLとタイトルをコピー

Instagramでもオトクな情報を発信していますので、ぜひ見に来てください

しょーまのInstagram

ドロンくん
ドロンくん
最後までご覧下さりありがとうございました!
【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...
MavicMini徹底レビュー!スペックや価格を他のDJI製品と比較! 「最近発売されたDJI社のMavic miniについて詳しく知りたい!」 「使用感は?どんな人が買うべき?」 今...

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^ 

ドローンが購入できる場所まとめ!

HAWK-SELECTSHOP