ドローンQ&A

ドローンを飛ばせる場所を簡単に見つける方法!大阪を例にして解説!

皆さんどうもこんにちは。

ドローン初心者の悩みを全力サポートするドローンスクール、ドロチケ!の講師をしていますしょうまです。

皆さんはこのような疑問はないですか?

ドロンくん
ドロンくん
  • ドローン飛ばしたいんだけど、飛ばせる場所がわかんない!
  • 簡単に見つけれる方法はないの?
  • 大阪で飛ばせる場所ないの?
  • てかドローンって飛ばせる場所全然ないよね!

この記事では、このような「ドローンの飛ばせる場所を探したい」という方向けに簡単に調べる方法を紹介する記事になっています!

ドローンは、知っての通りどこでも飛ばせる訳ではありませんが、調べてみると飛ばせる場所が結構あったのでそれも含めて解説していきます。

今回は、ドローンをこよなく愛する僕がしっかり解説していくので、読み終わる頃には、ドローンの飛ばせる場所を簡単に見つけることができます。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
お得情報だらけなので、ぜひ最後までみていってね!

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのTwitterInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^

ドローンを飛ばせる場所は重量によって違う

ドローンは質量によって法律が変わってきます。

具体的には200g以上か200g未満かで航空法という法律が変わります。

200g以上のドローンでは以下のような場合に飛行が禁止されています。

知っている方も多いと思うので、まとめだけ説明しますが、詳しいことはこちらの記事で解説していますのでご覧ください!

【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...
200g以上のドローンで禁止されていること
  • 明るい時に飛ばしてね〜
  • ドローンが見える範囲内で飛ばしてね〜
  • 人や物と30m以上話して飛ばしてね〜
  • イベントや祭りで飛ばすことは禁止だよ〜
  • 危険なものを運んだりしないでね〜
  • ものを運んだり落とすことはしないでよ〜

200g未満のドローンはトイドローンやホビードローンと呼ばれている機体で、航空法の規制対象外になり許可が必要なしで飛ばすことができます。

しかし、200g未満のドローンにも飛ばせない場所がありますので確認していきましょう。

飛行禁止されている場所
  • 私有地またはその上空
  • 都道府県、市町村が運営している場所(公園・重要文化財・史跡・神社)
  • 道路

私有地またはその上空

私有地を所有者の許可なしに飛行させることは民法によって禁止されています。

もし、飛行をしたい場合は、所有者か管理者の承諾を得る必要があるので、飛行前に確認しましょう!

都道府県、市町村が運営している場所(公園・重要文化財・史跡・神社)

公園や神社などの公共施設で、ドローンを飛行することは基本的に禁止されています。

最近、小さな公園でもドローン飛行禁止の立て看板を見かけることが多いですね。

公園は、小さな子どもや人が多く集まり自由に出入りができるので危険だという判断ですね。こちらも、どうしても飛ばしたい場合は市や区の役所に連絡しましょう!

道路

道路での離発着も警察署に許可を得る必要があります。(道路法)

低空での飛行や電池切れ、操作不能により思わず道路に墜落といった際、走っている車との事故は大事故につながります。

これらの情報は下記の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください!

【この記事で全て解決!】ドローンの法律をどこよりもわかりやすく解説! 「ドローンの法律がイマイチわからない!」 「何を守ればいいの?」 今回の記事ではこのようなドローンの法律に関する...
ドロンくん
ドロンくん
ドローンを飛ばすにはいろいろ注意が必要だね!

ドローンを飛ばせる場所の条件とは?

では、逆にドローンを飛ばせる場所の条件を紹介していきます。

ドローンを飛ばせる場所の条件

・150メートル以下の上空
・空港や空港周辺の制限表面とされる空域以外
・DID地区と呼ばれる人口集中地区以外

ドローンで綺麗な絵を撮るのに必要な高度は大体50〜60メートルくらいなので、150メートル以上の上空に関する規制は無理をしない場合は問題ないと思います。

また、空港や空港周辺を避けた場所でドローン飛行を楽しめば、空港関係の規制もクリアできそうですね!

しかし、ドローンの飛行規制で1番の問題となるのが、DID地区と呼ばれる人口集中地での飛行規制で、この規制がドローンを飛ばせる場所を大きく制限する原因です。

DID地区とは、1平方キロあたり4,000人以上の人口密度の場所が対象となり、東京、大阪、名古屋などの大都市圏の多くが該当します。

人口集中地区は、5年毎に国勢調査の結果が反映されます。下記から確認できますので、自分が飛ばしたい場所が不安な場合は確認してみてください^^

地理院地図(人口集中地区・空港等の周辺空域)

飛行可能場所まとめ
  • 空港周辺から離れる(上の地理院地図で確認できます!)
  • 地上から150m以下の上空
  • DID地区つまり大都市以外の場所
  • 人の私有地で飛ばす場合は、所有者の許可を取る
  • 屋内はDID(人口集中地)でも航空法の規制対象外になる

これらの条件を満たしていれば問題ないので是非覚えておいてください!

おすすめスポットは、

  • 河川敷
  • ドローン飛行場

です。

特にドローンの飛行場は室内だと、航空法の規制がない為練習にはうってつけです!

操縦に慣れてきたら他の3つで楽しむことをおすすめします!

ドローンを飛ばせる場所の簡単な探し方とそのポイントを大阪を例にして紹介!

さあ、いよいよ飛ばせる場所を探していきましょう!

探すポイントをまとめます。

飛ばせる場所を探す具体的な方法
  1. スマホアプリ「飛行チェック」で飛行場所を探す
  2. 地理院地図で一度確認
  3. Googleマップのストリートビューで飛行場を下見
  4. 「ドローンで禁止されていること」で説明した条件を満たしているのか最終確認
  5. 必要であれば所有者・管理者に問い合わせる

スマホアプリ「飛行チェック」で飛行場所を探す

ドロンくん
ドロンくん
まず、「飛行チェック」をダウンロードしよう!

>>ドローン飛行チェック

ドロンくん
ドロンくん
ダウンロードできたら注意と規約を確認して下記の画面になるまで進んでね!
ドロンくん
ドロンくん
大阪はやっぱり流石にDID地区だね。赤がいっぱいだ!
あかぼうずくん
あかぼうずくん
続いてピンの意味を教えるよ!左側の画像は関西国際空港の場所で青いピンと青いまるが示されているね!ここはもちろん航空法に引っかかっているから飛行禁止だよ!上の画像にもあるけど青いピンの場所はヘリポートを意味していて、消防や病院から緊急でドクターヘリなどが出動する恐れがあるのでこれらの付近も飛行は避けるべきだね!
あかぼうずくん
あかぼうずくん
さあ、飛行できる場所を探そうか。今回は例として大阪府の富田林市の石川付近を発見したよ!さあ、決まったら下の青いボタン「ピンの場所を確認」を押そう!すると、下の画像のようになって、飛ばしていい場所かわかるようになるよ!

地理院地図で一度確認

あかぼうずくん
あかぼうずくん
さっき紹介したアプリはたまに間違って表示されている場合もあるから国土交通省が正式に出している地図を一応確認しておこう!今回は大丈夫そうだね!

こちらから確認できます!

>地理院地図(人口集中地区・空港等の周辺空域)

Googleマップのストリートビューで飛行場所を下見

ドロンくん
ドロンくん
次は、実際に行ってみたのに草木ボーボーだったりこんなの飛ばせないよ!というようなことがおきないにGoogleマップを使って確認していこう!今回の石川は結構いい感じだね!川の色も綺麗だし、撮り方次第ではめっちゃいい絵が撮れそうだね

「ドローンで禁止されていること」で説明した条件を満たしているのか最終確認

あかぼうずくん
あかぼうずくん
先ほど説明した「ドローンで禁止されていること」をもう一度確認しておこう!これらの行為を守って安全にドローンを飛ばすことがドローンをする上で最も重要なことです
200g以上のドローンで禁止されていること
  • 明るい時に飛ばしてね〜
  • ドローンが見える範囲内で飛ばしてね〜
  • 人や物と30m以上話して飛ばしてね〜
  • イベントや祭りで飛ばすことは禁止だよ〜
  • 危険なものを運んだりしないでね〜
  • ものを運んだり落とすことはしないでよ〜

必要であれば所有者・管理者に問い合わせる

日本は、誰の土地でもない場所は存在しません。

なので、必要に応じて管理者もしくは所有者に確認する必要があります。

ドローンを飛行する際は一度その土地の管理者に連絡し、了承を得ましょう!

ドローンはどこでも飛ばせる訳ではないが、結構場所はある

今回は「ドローンを飛ばせる場所を簡単に見つける方法」を紹介しました。

一見大阪や東京のような大都市は飛ばせないと思いがちですが、しっかり調べてみると飛ばせるところも実際にあります。

皆さんも今日紹介した方法で自分だけのドローンスポットを探し出してください!(内緒に教えてくれると嬉しい^^)

また、ドローンを飛行する際は気をつけて飛ばしてくださいね!

あかぼうずくん
あかぼうずくん
事前に連絡することも忘れないで下さい!

この記事が為になった!って方は下のボタンを押してURLをコピーして、感想などと一緒にSNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです^^

この記事のURLとタイトルをコピー

Instagramでもオトクな情報を発信していますので、ぜひ見に来てください

しょーまのInstagram

ドロンくん
ドロンくん
最後までご覧下さりありがとうございました!

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^ 

ドローンが購入できる場所まとめ!

HAWK-SELECTSHOP