ドローンQ&A

ドローンのおすすめ資格はどれ?ドローンで有名な資格4種類を徹底解説!

皆さんどうもこんにちは。

日本初のチケット制ドローンスクール、ドロチケ!の運営をしていますしょうまです。

ドローンを使った職業というのは徐々に増えています。

そんな中、

ドロンくん
ドロンくん
  • 将来ドローンを使った仕事につきたい!
  • ドローンのおすすめの資格が知りたい!
  • 資格取るにはどうしたらいいの?

そう思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではドローンを飛ばすのに免許や資格は必要なのかと職業別におすすめの資格を詳しく解説していきます。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
今回で有名なドローンの資格について分かるから、ドローンで仕事を考えている人は必見だよ!

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^

そもそもドローンを操縦するのに資格は必要?

ドローンを操縦するための資格は、何種類かあります。

ただし、結論から言ってしまうと、

「趣味の範囲であれば、資格は必要ない場合もある」

ということです。

例えば、自分の家の庭先だけでドローンを飛ばす場合であれば、資格や許可はいりません。

なので、目的によって資格を取るかどうか見極める必要があります。

詳しいことはこちらで紹介していますので、必要な方はご覧ください。

ドローンを使った仕事とその年収は?仕事をするならどんな資格が必要なのか解説 「ドローンを使った仕事ってどんなものがあるの?」 「どんな資格があると仕事できるの?」 この記事では、そんなドロ...

でも、条例や規制には注意して!

ドローンを飛ばすのに、資格や許可が必ずしも必要となるわけではないことがわかりました。

しかし、場合によっては市や県、国でドローンに関する規制や条例が定められている場合があるため、まずはしっかりと確認しておくことをおすすめします。

そうしなければ、罰則や罰金の対象となってしまうことが考えられます。

また、ドローンを仕事で使う場合には、条例や規制という面、また相手からの信頼という面でも資格を持っていた方がいいかもしれません!

ドローンを使った職業別の資格おすすめ4選

では、おすすめ資格はどれでしょうか!?

ドローンの資格はたくさんありますが、その中から今回は有名な資格4つを紹介していきたいと思います!

DJI CAMP

まず一つ目は、DJI社によって行われる、DJI CAMPという認定資格です。

あかぼうずくん
あかぼうずくん
DJI社とは、世界大手ともいわれるドローンの大手企業だよ!

※現在、DJIのプログラムは法人向けであり、個人は受講することができません。しかし今後はドローンの復旧により個人も受験することができるようになると思いますので是非知っておきましょう!

おすすめの人
  • ドローンを使う仕事についていて、他社と差別化を図りたい
  • クライアントに安心してもらいたい

この認定資格を取ることのメリットとしては、2つあります!

DJI CAMPのメリット
  • 国土交通省への許可申請が通りやすくなる
  • ドローン保険の割引が適用される

DJI認定資格には、3種類あります。

DJIスペシャリスト、DJIインストラクター、DJIマスターです。

特にこのDJIスペシャリストという資格を持っておくと、国土交通省への巨漢申請が有利になります。

2つ目のメリットである、ドローン保険の割引が適用されることはドローンパイロットには大きいことです。

ドローンを扱う場合には、万が一の事故などに備え保険に入ることが一般的ですが、この認定資格を持っておくことで、DJI賠償責任保険が10%程割引になります。

ドロンくん
ドロンくん
また、このような保険に入っていれば、クライアントも安心させることができから一石二鳥になるね!

ちなみに、扱う内容はDJIが発売しているドローンに特化した内容となっています。

DPA

DPAとは、一般社団法人ドローン操縦士協会が認定する資格です。

おすすめの人
  • 今後ドローン産業で活躍していきたいと思っている初心者の方
  • まず初めに取る資格

この認定資格を取ることのメリットとしては、3つあります!

DPAのメリット
  • ドローンスクール協会の中でも規模が大きいため、認知度がある
  • ドローン初心者の方でも比較的取りやすい資格となっている
  • 15歳から取得可能

DPAは国内でも有名なためドローン関係者なら誰でも知っています。

また、ドローン初心者の方でも取りやすい資格なので、ドローン関係の仕事に就いて一発目に取る資格としてはおすすめです。

ドローンの資格には通常、年齢制限が設けられていますが、このDPAは15歳から取得可能なものもあるので将来を見据えて早めに取得しておくことも可能です!

デメリットは、ドローンの操縦レベルを1~4までに分けていますので、レベル1だけを取得しているだけだと、そこまで効力がないという場合があることです。

JUIDA

JUIDAとは、一般社団法人日本UAS産業振興協議会が認定している資格です。

おすすめの人
  • 法律関係などについて詳しく知りたい
  • まずは、飛ばす前にドローンの知識をつけたい

JUIDAでは、法律関係などについて詳しく学ぶことができるため、まずはドローンの知識をつけたいという人にはおすすめです。

JUIDAのメリット
  • ドローン操縦に関する深い知識と高い技術力を手に入れることができる
  • 深い知識を取り込めるようになる

この資格を取る最大のメリットは、ドローン操縦に関する深い知識と高い技術力を手に入れることができるという点です。

逆にデメリットとしては、座学がメインとなりますので、実技をメインで行いたい人には若干物足りなく感じる場合があります。

ドローン検定

ドローン検定は、名前の通りドローン検定協会が実施する検定です。

おすすめの人
  • ドローンの知識があることを働きたい会社やクライアントにアピールしたい方
  • 手取りやすく資格を取りたい方

この資格は、ドローンの知識があるということを、働きたい会社やクライアントにアピールしたい方にとっては資格になります。

ドローン検定のメリット
  • 用語や初歩的な知識、ドローンの特性などを深くまで学べる
  • 資格の名前にドローンがついており、ドローンに詳しくない方にとっては、英検などのような感覚で名前が通る

ドローン検定では、用語や初歩的な知識、ドローンの特性などを深くまで学べます。

また、英語検定や漢字検定のように資格の名前に「ドローン」が入っていてドローンに無知なに名前のインパクトを与えられます!

あかぼうずくん
あかぼうずくん
資格名のインパクトは間違いなくこれだな!

デメリットとしては、実技試験がないということです。

ドローン検定は、筆記試験のみになりますので、必要な知識を習得することは可能ですが、実技力を上げることは難しいです。

資格を取りたいならスクールが手っ取り早い

結局、ドローンに関連する資格を取りたいのであれば、スクールに通うことがおすすめです。

多少料金はかかってしまいますが、知識や技術などを着実に自分のものにすることができます。

また、専門の講師がいますので、わからないことなどを質問できる環境となっていますので、スムーズにスキルを上げていくことができるでしょう。

ちなみに、僕がおすすめするスクールは日本ドローンアカデミーです

日本ドローンアカデミーは、全国いろんなところにあるので自分の地域から近いところに行けることが特徴です!

また、ドローンスクールでも有名なので選んで間違いないでしょう

日本ドローンアカデミー

ドローンの資格の種類はたくさんあるけど結局は自分で見極めるのが大事!

このようにドローンの資格というのは、いくつか種類があります。

ただ、ドローンを私有地などで飛ばす場合であれば、資格も許可もいらない場合があります。

当スクールでは、そんな方に向けた趣味コースがあります。

初心者の方が不安に思う部分を徹底的に教えるのでドローンの不安を全て解消します。

気になる方は是非チェックをしてみてください!

HAWK ~あなたを一流のドローンパイロットに~

もし、仕事でドローンを使うという場合には、資格を取得しておくと、クライアントからの信頼度が上がるかもしれません!

この記事が為になった!って方は下のボタンを押してURLをコピーして、感想などと一緒にSNSなどでシェアしてもらえると嬉しいです^^

この記事のURLとタイトルをコピー

Instagramでもオトクな情報を発信していますので、ぜひ見に来てください

しょーまのInstagram

ドロンくん
ドロンくん
最後までご覧下さりありがとうございました!

当ブログでは、ドローンに触れたことがない初心者の方でも、とにかくわかりやすい記事を随時更新していますので、ぜひドローンの教科書のようにお使いください。

どうぞ、ブラウザのお気に入りに入れてもらうか、こちらのInstagramをフォローして頂いて、記事の更新をお待ちくださいませ^^ 

 

ドローンが購入できる場所まとめ!

HAWK-SELECTSHOP